人形工房まつざわの歴史

HOME» 人形工房まつざわの歴史 »まつざわの歴史

人形工房まつざわの歴史

まつざわの歴史

 人形工房まつざわの歴史

 明治●●年 松澤 安三郎によりに甲冑

まつざわは代々引き継がれてきた手作りの技。

初代 故 松澤 安三郎   ニ代目 故 松澤 小太郎   三代目 故 松澤 一男   四代目 松澤 啓
             

初代 武人

~若手甲冑師 松沢たけひとによる甲冑~

三代目人形師兼甲冑師 故 松澤一男のもとで修行を重ね、人形工房 武人を創業。
古き伝統を守りながらもそこから生まれる新しい価値観を更に人形制作へ生かしていきたいとの考えから、物づくりの心に共鳴した各分野の伝統工芸作家と共に製作活動を行っております。

松沢 たけひと 昭和50年8月7日 千葉県鎌ケ谷市に生まれる。
大学卒業後、本格的に甲冑制作に入り、父 松沢一男の技法を継承しながらも研磨を重ね独自の作法を養い、現在に至る。
2011/02/18