人形工房まつざわの五月人形

HOME» 人形工房まつざわの五月人形 »まつざわの五月人形

人形工房まつざわの五月人形

まつざわの五月人形

人形工房まつざわの五月人形 人形工房まつざわでは、五月の節句のお祝いに飾る人形を製造直売しております。当工房の若手甲冑師 松沢たけひとは、古き伝統を守りながらもそこから生まれる新しい価値観を更に人形制作へ生かしていきたいとの考えから、物づくりの心に共鳴した各分野の伝統工芸家と共に製作活動を行っております。
自社工房ならではの品揃えの中から、お子様、お孫様を生涯に渡り守ってくれる、雄一の人形を選んでいただきたいと思います。

 商品紹介 ~五月人形~

五月人形 五月人形
本金箔押兜飾り『銀河』
(ほんきんはくおしかぶとかざり「ぎんが」)

丹念に埋め込まれた星鉄、松葉打ちの鍬形、本金箔押しされた小札や竜頭と細部まで作者の心遣いを表現したこだわりの逸品となっております。
  透龍彫鍬形 燻銀鍍金鎧飾り
(すかしりゅうぼりくわがた いぶしぎんめっきよろいかざり)

燻銀鍍金の小札に、朱・黒の正絹糸で縅し落ち着いた中にも華やかさのある鎧に仕上がりました。
ひな祭り 鎌ヶ谷
五月人形   五月人形
 透龍兜飾り 二曲屏風飾り
(すかしりゅうぼりかぶとかざり●●びょうぶかざり)

●丹念に埋め込まれた星鉄、松葉打ちの鍬形、本金箔押しされた小札や竜頭と細部まで作者の心遣いを表現したこだわりの逸品となっております。
   兜飾り
(●かぶとかざり)

●燻銀鍍金の小札に、朱・黒の正絹糸で縅し落ち着いた中にも華やかさのある鎧に仕上がりました。
ひな祭り 鎌ヶ谷
五月人形   五月人形
プラチナ箔押兜飾り
(ぷらちなはくおしかぶとかざり)

小札に本金箔より高価なプラチナ箔を施しました。プラチナ箔は加工が難しく、箔押師の熟練の技を要します。また、鍬形、金物はホワイトゴールドで鍍金し、輝きのある逸品に仕上がりました。
  金箔押鎧 本金盛上屏風飾り
(きんはくおしよろい ほんきんもりあげびょうぶかざり)

金箔を施した小札に正絹糸で縅した鎧を、本金盛上の技法で竹を描いたお屏風にあわせました。それぞれの職人のこだわりが感じられる豪華で存在感のある一式です。
端午の節句 鎌ヶ谷
五月人形   五月人形
色々段縅兜飾り
(いろいろだんおどしかぶとかざり)

剥ぎ合わせた鉢を使用した兜を金沢箔の屏風にあわせました。コンパクトながらも本格的なセットに仕上がりました。
  御兜飾り
(おんかぶとかざり)

剥ぎ合わせた鉢を使用した兜を金沢箔の屏風にあわせました。コンパクトながらも本格的なセットに仕上がりました。
端午の節句 鎌ヶ谷

 五月人形の豆知識

■端午の節句
一年の通じて季節の節目となる日に厄払いをし、無病息災を祈る節句。七草や七夕、重要などの五節句といわれている節句の中でも三月の「桃の節句」と五月の「端午の節句」は、大切な子供の健やかな成長を願う伝統的な行事です。端午の節句には「内飾り」と「外飾り」があります。

■内飾り
鎧、兜、大将などの人形は、新しく生まれた大切な命を祝い、健康に、幸せに育つようにという思いが、その子の厄除けに人形を飾ったことから始まったものです。人形はその子を見守り続ける「お守り」なのです。

■外飾り
鯉のぼり、武者絵幟は、お子様の名前につけられた由来と同様に、こんな子に育ってほしいという目標や夢や希望という立身出世の「願い」が込められた旗印なのです。現代では男の子の為だけでなく、女の子も含めてご家族分の鯉を準備するご家庭が増えています。

■五月初節句
5月5日から、さかのぼる事100日、1月25日以前に誕生されたお子様が基本的に初節句の対象と言われています。

■五月人形は誰が買うのか
初節句には、お婿さんの実家からは鎧・兜等の「内飾り」、妻の実家や親戚からは、鯉のぼり等の「外飾り」を贈られるが一般的ですが、ご両家でご予算等を含め折半にする事もありますので、よく相談されると良いでしょう。

■五月人形はいつ飾るのか
彼岸(3月24日以降)あけに飾り始めることが一般的です。ですから、彼岸までに、お人形を準備し、日の良い日(大安・友引)に飾られると良いでしょう。

■五月人形はいつしまうのか
お節句がすんだらなるべく早めに、遅くても中旬頃までのお天気の良い日に片づけるとよいでしょう。

■次男・三男が生まれた場合は
内飾りは、その子の成長と幸福を祈るお祝いであり、お人形はお子様の身代わりとなって厄を受けると言われる事から、基本的には人形は、一人一人のお守りなのです。また、外飾りも同様にその子の成長を願い希望を託す旗印という由来があります。ですから神社のお守りを割って二人で分けることはしないのと同様に、父親の鎧や兜を譲り受けたり、兄弟で兼用することは、本当はおかしいことなのです。ですから、是非、初節句のお祝いに何か形に残すという事で、ご検討されては如何でしょうか。

■最後に
以上のしきたりは、標準的なものです。全国各地には様々な風習、しきたりがありますので、当然ご主人側の実家と奥様側の実家とで違うことも考えられます。(旧暦や月遅れでお祝いしている地域や家庭もあります。)要は、お互いの理解と気持ちの問題です。電話や手紙などでよく話し合ってその違いを深く理解した上で、楽しい初節句をお祝いください。

2010/12/25